スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越した

気だるげ雑記帳 ← はてなブログに引っ越した。多分更新します。
スポンサーサイト

ITパスポートを受験してきました!

回のテストに命を懸けている我輩。

受験しようとずっと思っていたのですが、なかなか受験する機会がありませんでした。

時間ができましたので、この機会に初めてITパスポート試験を受験してきました!

    ITパスポート試験の概要・利点

・経済産業省が認定している立派な国家資格である。

・各試験会場で、毎月数回行われているので受験しやすい。

・年齢、職種問わず、備えておくべきICTに関する基礎的な知識を身につけられる。

・ストラテジ、マネジメント、テクノロジの3つの分野から出題されるため幅広い知識を学べる

・CBT方式であるため、マウス操作で受験ができる。コンピュータが自己採点をしてくれ、その場で点数がわかる。

    合格までの道のり

の場合は7月に受験申し込みして8月の22日に本試験でした。

勉強期間は約1ヶ月。

私自身資格勉強は初めての経験でしたので、どういう風に勉強すればよいのかよく分かりませんでした...

とりあえず最初に購入した参考書は キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 平成26年度 です

実は去年購入しておりまして、テクノロジ系をちまちま呼んでました。

26年度の参考書でも、27年度の試験に十分通用すると今回分かりました。

次に購入したのは ITパスポート試験対策テキスト です

キタミ式さんは分かりやすく、勉強嫌いな私でも最後まで読むことが出来ました。

ですが乗ってない事柄があり、不安でしたのでもう一冊購入した次第です。

本試験までの勉強の流れをフローチャート風にまとめると...



[ キタミ式 参考書をとりあえず一回読む ]---キタミ式は絵が豊富で分かりやすい。載ってない単語が多い
                ・
                ・
                ↓
[ スマホでITパスポート対策のアプリで過去問勉強 ]---暇なときはスマホで過去問アプリを利用
                ・
                ・
                ↓
[ 試験対策テキストを3回しっかり目を通す ]---ストラテジ、マネジメントは面倒なので後回し


ひたすら繰り返す。。。勉強方法にしてはざっくり過ぎますがなんやかんやで1ヶ月、一日1時間程度頑張りました

    無事、合格しますた。

直合格できるか不安でしたが、無事合格できてよかったです。

本番では中門が思ったよりも難しく、終盤は頭の使いすぎで問題文を読むのが嫌になるくらいでした

個人的にはテクノロジ系9割とって、ギリギリ合格かな。。。と思っていたのですが

結果は予想の斜め上をいきました

点数は750点でした...

Chrome 41にてMacTypeが効かない...!?

Opera使いの我輩参上。



手検索エンジンGoogleのブラウザ 『Google Chrome』 バージョン41.0.2272.76がリリースされました。

今回のアップデートは可視的に分かるものはなく、主に開発者向けとなっています

幾度もChromeとMacTypeの相性問題は出てきていますが

以前のバージョンでしたらリンクバーに『chrome://flags』と入力し

DirectWriteを有効にするだけで良かったのですが

今回Chrome 41では仕様に変更があり、方法が以前と異なります

Chrome 41でMacTypeを有効にする手順を書いていきます


みっそ

① Google Chromeのデスクトップショートカットを右クリックし『プロパティ』をクリック

② 左から2番目のショートカットタブにあります『リンク先』をいじります

*【リンク先 : デフォルト】
"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"

*【リンク先 : 変更後】
"C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"
--disable-directwrite-for-ui

③ 『 --disable-directwrite-for-ui』を貼り付けます (先頭に半角スペースが入っています)

④ 人によっては管理者の権限が必要とメッセージが出ますが続行してくださいmisoshiru.png

↑成功しますた


まだ少し不安はありますが一先ず一件落着です。

今回勝手ながら俺のメモ帳様を参考にさせていただきました。有難うございました!

私用のためにまとめたので説明不足で解りづらい点があると思いますがご了承下さいm(_ _)m

ギガラインタイプへ変更

っ越した我輩。

移転すると同時にインターネットの契約プランも変更することにしました

いままでNTT東日本ファミリー・ハイスピードタイプでしたが

この機会に両速度1Gbpsに対応しているギガラインタイプへ変更しました



前使っていたファミリー・ハイスピードタイプは下り200Mbps 上り100Mbps上限でした

折角1Gbpsを利用できるのでスピードテストで早速小手試しをしてみました

    使用環境

NIC : Intel Gigabit Adapter

LANケーブル : NTTから支給されるカテゴリー5eのケーブル

ネットプラン : NTT東日本ファミリー・ギガラインタイプ

ISP : OCN
...。

speed.png



インターネット設定してすぐだったり、カテゴリー5eのケーブルを使用しているので

もしかしたらもっと伸びるかもしれない

でもこの結果に...。

     正直 「満足。」

以前よりも数値は段違いに上がっているのでニヤニヤしてしまう

あとはカテゴリー6Aのケーブルを密林で注文したので楽しみである

値段もあまり変わらないのでこの機会に皆さんも1Gbps対応プランに変えてみてはいかがでしょうか!



今回スピードテストに使用したサイト様 (ギガラインタイプに対応の計測サイトが少ないのでよかったらこちらを)



※ちなみに以前は夜8~0時の間は回線が不安定だったのですが
test.png

夜間も安定した速度結果が出ました。

まぁこの好調もいつまで続くのやら

KU-8933を購入したのでレビューしてみる

我して更新が遅れていた我輩。



一か月ぐらいはまともにキーボードに触れていなかったので

久々に触れると新鮮な感じです

私はずっとサンワサプライの安物キーボードを使っていました

購入してから数年たってかなり汚れているので新しいキーボードを購入しました

それがChicony製の『 KU-8933 』です

最初はsolidyear製の『ACK-230』と悩んだんですが

私はPC-9801のような古いデザインのメンブレンキーボードが好みなのでKU-8933を選びました

    Good Point

★デザインが素敵 (個人的な意見
 -先に述べたようにデザインはシンプルで白・灰色の2色構成になっています
 -古いキーボードを連想させる。現在もChicony製を新品で入手可能
 -ずっしりとしていてキーボードがずれる心配はなし

★価格が安い
 -お値段がお手頃でお財布に優しい (約3,500円
 -リアルフォースが欲しいけど高い・・・って人におすすめ (ACK-230もおすすめ

★カーブドステップスカルプチャ採用
 -この製品はキーボードが軽い曲線を描いており、その影響かタイピングが軽やか
 -同価格帯のメンブレンとは一味違うのが使ってみればわかる
 -富士通コンポーネントにも採用されている


    Bad Point

☆キータッチが浅い
 -私は一般的な事務で使われている富士通やNECのキーボードのような深めが好きなのでちょい残念
 -キータッチは浅めだが押した感じは重く長時間の使用は指が疲れる
 -押してる感じは強いが底打ち感はない。底にゴムが入っている感じでたまにイライラする

☆静音性は...
 -静音目的で作られたキーボードではないので音は静かではない (個人的に音がするほうが好き
 -同価格帯でACK-230がこれより静かで高性能なのでデザインを選ばないならACK-230のほうがおすすめ

KU-8933.jpg



使い始めて全然経っていないですがザクッと独断と偏見を交えながらレビューしてみました

キータッチがひどいとか書いてますが、人それぞれなので参考までに見て下さい

まだ慣れてないだけもありますので、このキーボードで頑張ってタイピング練習します!
NEXT≫
プロフィール

あゆねむ

Author:あゆねむ
 
AyuminBeats!へようこそ!

生粋のAMD好きである
一般高校生のブログです
個人的に為に成りそうな事を
不定期で綴っています。

最新記事
(´・ω・`)ウィース
☆おすすめパーツ★
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。